6ヶ月でどれだけ貯金できるか挑戦する期間工ブログ

2回目の緊急事態宣言で期間工の求人が消滅してしまう可能性がある

みなさんお久しぶりです。

ねこまるです!

 

今回は2回目の緊急事態宣言で期間工の求人が消滅してしまう恐れがある事を記事にしてみたいと思います。

1回目の緊急事態宣言後に相次いで自動車製造工場の閉鎖が告げられました。

その結果、期間工の求人は壊滅してしまい、期間工をしている人はもちろん、これから期間工になろうと思っていた人達にも衝撃が走ったのは記憶に新しいです。

2020年5月に緊急事態宣言解除後、GO TO キャンペーンの前倒し発表や感染者の大幅な減少と少しずつ以前の活気が戻ってきました。

自動車製造工場の稼働も徐々に発表され、7月以降から期間工求人もどんどん再開されてきましたがどんどん増える感染者に筆者も恐怖を感じましたね。

7月後半にかけて都内では200人から400人まで感染者の増加が発表され、もう一度緊急事態宣言がくるのではないかと思いました。

政府は「まだその時ではない」と前回緊急事態宣言を発表した時よりあきらかに異常なのに硬くなのに拒んでいます。

もし、もう一度緊急事態宣言を発表してしまえばGO TO キャンペーン 、イートも全て中止に背ざる負えませんし、2021年の東京オリンピックも無事に開催できる可能性は低くなります。

飲食店は閉店、倒産までみえてきますし、自動車製造工場も当然稼働停止背ざる負えません。

宣言されても期間工の目線で言えば10割給与保証されますし、長期休暇も与えられます。

デメリットは給与が低くなる(残業がないので)のでそこは痛いですね。

逆にこれから期間工になろうと思ってた人は完全に求人が閉鎖してしまいますので、数か月~半年は期間工になることができません。

ハローワークや雑誌の求人も激減し、政府の給付金をあてにするしかなくなってしまうのです。

2回目の緊急事態宣言はまちがいなく日本を衰退させる悪手でもありますが、感染から救うためにはや無得ないでしょう。

期間工求人が閉鎖される前に急ぐべし

これから期間工になろうと思っているのであれば、緊急事態宣言が発表される前に入社するべきだと思います。

求人が閉じてしまえば今度はいつ再開するかはわかりません。

「入社してからも宣言されても仕事ないんじゃ?」

と思うかもしれませんが休業中は10割給与保証がありますし、落ち着いたら工場の掃除だけでも仕事はあります。

本当に肺炎の脅威が去ってから求人に応募するよりとても期待値が高いのです。

期間工になろうと思っている方はほとんどお金が目的だと思うのですが、緊急事態宣言されれば期間工どころかほとんどの職種が危機的状況になります。

ですのでまだ求人がある期間工はかなりチャンスなのです。

現在おすすめの期間工は?

ずばりトヨタ期間工、スバル期間工になります。

このメーカーはいずれも休業補償がだされていましたので今後も保障される可能性は極めて高いと言えます。

逆に筆者視点でやめておいた方が無難だと思うのは日産、三菱あたりでしょうか。

日産は言わずともわかるとも思いますが、三菱は工場の閉鎖のニュースもありましたのでこれから厳しいんじゃないかと予想しています。

そうなると自ずと部品メーカーも厳しいと判断できます。

今はまだ緊急事態宣言がでるか、でないかわからない状態ですし

4月から求人を完全に閉じていたせいもあり、現在工場の方でもかなり人手不足になっていますので

人材確保、応募するなら今しかチャンスがないと筆者は思います。

テキストのコピーはできません。