6ヶ月でどれだけ貯金できるか挑戦する期間工ブログ

2021年4月から紹介会社からの入社祝い金禁止されてしまうが自動車メーカーからは貰える?

厚生労働省から職業安定法に基づく指針が一部改正されたというお知らせがあり、入社祝い金が禁止されてしまいました。

詳細は厚生労働省ホームページに掲載のリーフレットをご参照ください。

「お祝い金」その他これに類する名目で、求職者に社会通念上相当と認められる程度を超え
て金銭などを提供することで求職の申し込みの勧奨を行ってはいけません。

ということで紹介会社であるアウトソーシングや日総工産などは入社祝い金50万円!みたいな広告をだせなくなってしまったという事ですね。

もちろんこれから期間工になろうと思う人も入社祝い金は貰えなくなります。

入社するだけで50万とか40万円貰えるのもおかしいと思いますが、他県から工場で働くために生活準備するお金として期間工にとっては大変貴重なお金だったのです。

職業紹介事業者だけ該当するのでメーカーは関係なし

結論から言うと紹介会社から貰えなくなるだけで自動車メーカーからは生活準備金、支度金、特別手当、祝い金などの名目でお金を貰えます。

この制度は目先の金銭で仕事を選ぶのではなく、ちゃんと求人内容などで選んでほしいという国の配慮ですのでメーカーはこの制度とはほとんど関係ありません。

今までは紹介会社から祝い金を貰い、さらに入社する会社からも祝い金を貰っていたので祝い金50万!とか破格の値段になっていたわけですね。

これが紹介会社からの祝い金がなくなっても祝い金20万とか30万に減るだけですのでまったく貰えなくなるという事はありません。(メーカーが支給してくれている限り)

期間工の魅力は入社祝い金なんかじゃない

期間工の魅力は入社祝い金なんかよりすごいメリットがあります。

それは年齢不問、経験不問で中卒でも高卒でも誰でも年収400万くらいは稼げるという事です。

正社員登用制度があったり、満了金も大きいですね。

住むところは無料で提供してくれて、水道光熱費もかかりませんので貰った給与を丸々貯金する事ができます。

入社祝い金が10~20万くらい減ったからと言ってもこの期間工のメリットは変わりませんので貯金したい人にとっては最高の仕事です。

 

 

テキストのコピーはできません。