6ヶ月でどれだけ貯金できるか挑戦する期間工ブログ

期間工や工場で働くのに便利な資格ランキング!

期間工や工場への就職や転職をする時に

持っておくと便利な資格があります。

資格はとても強力な武器になりますし、

その武器を磨く(経験値を積む)事により

自分のスキルや職歴も大幅なレベルアップが期待できます。

日本で取得できる資格は約3000種類もあります。

もちろん勉強して、試験に合格しないと取れない資格が大半です。

中にはお金をだして講習を受けるだけで取得できる資格もあります。

今回の記事では、そんな数ある資格の中で

期間工・工場勤務に特化した資格ランキングを現役期間工の私が考察してみました。

経験者でないと、資格の有効性や本当に必要な資格かはわからないと思います。

そして資格を取得するのに結構お金がかかってしまうので

本当に自分に必要な資格なのかどうかを見極める必要があります。

では、早速いってみましょう!

第1位 フォークリフト運転技能講習

期間工は資格不問、経験不問、年齢不問の仕事です。

しかし、期間工をしてるとフォークリフトを

持ってるか、持ってないかで優遇されている感じがします。

(採用審査や社内評価など)

おそらく正社員の中にもフォークリフトを

持っていない人がたくさんいるからだと思います。

働いているとどうしても技能講習に時間(11時間~35時間)がかかりますし

意外と高額な費用もかかります。(5万円~)

フォークリフトを使うのは物流だけではありません。

ボデー課やトリム課など幅広くフォークリフトを使う部署はあります。

その時、期間工がフォークリフトを持っていると欠員で抜擢されたり

入社時にフォークリフト要員で配属される場合が高くなります。

フォークリフトを持ってると言うだけでタグノバに乗れたりもします。

期間工じゃない工場への転職でも倉庫内作業があるのであれば

フォークリフトはとても重要な資格になるはずです。

経験さえ積めれば後はこっちのものです。

将来性があり、メリットも高く、

お金と時間があれば誰でも取れるので第1位になりました。

第2位 ガス溶接技術者

ガス溶接とアーク溶接って聞いたことありますでしょうか。

ガス溶接は可燃性ガスを使用して鉄などを接合・切断する方法です。

一方アーク溶接は電気を使用して溶接切断します。

ガス溶接は技能講習だけなので比較的簡単に取得できて(学科・実技2日間)

期間工や工場勤務でも意外と多くの部署で資格取得を求められます。

アーク溶接は特別教育のため2日間の学科が必修で、

その後各事業所にて10時間以上の実技教育なので機会があれば両方取得しておくと便利です。

アーク溶接はJISによる溶接技術検定試験もあり、

技術力を高めたり仕事の幅も広がります。

また、技能五輪全国大会、技能五輪国際大会があります。

機械組み立て、抜き型、電気溶接、電工、板金などなど..

たくさんの課題があり、積極的に参加することで正社員、昇進や昇給なども期待できます。

第3位 危険物取扱者

危険物ってガソリンスタンドとかで時給アップに繋がる資格ですが

意外と工場でも必要な部署があります。

即効性の資格ではありませんが、安全への信頼性と評価がアップする資格です。

化学メーカー、電子材料メーカー、誘導品メーカー、化学産業では必須の資格です。

期間工でも劇物扱いの部署、接着系、燃料系でも必要になります。

セットで電気工事士、ボイラー技士、冷凍機械責任者を取得しておくと

ビルメンテナンス会社への転職、就職率も大幅アップに期待できます。

ちなみに管理人の私は全て取得済みです。

独学で1~2ヶ月の勉強で全て合格しました。

(電気工事士は実技の為に線とか工具買うのに少しお金かかりました。)

危険物取扱者の勉強方法はテキストと過去問が一緒になったものを

1冊購入して、テキストをさらっと呼んだら

あとはひたすら過去問やるだけで合格できます。

(ほぼ使い回しか、少しアレンジした問題しかでない気がします。)

用途がたくさんあり、1ヶ月程度の勉強で合格できる事から第3位にしました。

番外編

他にも、電気主任技術者試験、整備士、玉掛け、大型免許、建築士なども考察したのですが

試験の難易度や資格取得に時間がかかるものもあり、除外させていただきました。

電気主任技術者試験や建築士などは期間工よりも

最初から正社員枠で就職狙ったほうがいいですし

玉掛や大型などを取得して期間工に入っても

なかなか希望に沿った部署へは難しいと思います。

もちろんランキング1~3を取得したからといって

希望に沿った部署へ行けるかと言うとそうでもありません。

しかし、持っておくと臨機応変な対応ができるので

資格を取得しておくと、未経験者から経験者になりやすいのでおすすめです。

資格がないとずっと未経験者のままです。